スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドンアタック推奨スペック (値段重視)

今回は私もやっているオンラインゲーム「サドンアタック」の推奨PCを考えていきます。
サドンアタックの推奨スペックはこれなので、このスペックを超える構成で組んでいきましょう。
今回の構成を組むにおいて、重要視する点はCPUと値段そして小型化です。
詳しい内容についてはあとで記載します。

CPU   Core i5 650
メモリ    DDR3 2GB×2
マザボ   P7H55-M
グラボ   GeForceGTS250もしくはGTS450
電源   EarthWatts EA-650
DVD   GH24NS50BL
HDD   HDS721010CLA332(1TB=1000GB)
ケース   GZ-M1BPD
以上です。

では、上記の内容から説明していきます。
まずCPU 今回はこれが重要になってきます。
サドンアタックは知らない方も多いと思われますが完全CPU依存ゲームになっています。
なのでCore i7を搭載するよりもCore i5のほうがコアクロック数が高いのでi5を選びました。
i7 870だとクロックが2.93Ghzなのに対し650は3.2Ghzと圧倒的に高クロックです。
以前私がやった実験ですが、GeForceGTX470とGTX460とGTX285とGTS250でサドンアタックのFPSを測定しました。
その結果グラフィックボードを変更してもFPSの落ちに変わりはありませんでした。
次にCPUをオーバークロックし測定したところFPSの落ちが緩和しました。
これらの結果からCPU依存ゲームと判断しています。 ※使用したCPUはIntel Core2Quad Q6600です。

次に値段です。
サドンアタックは先ほど書いた通りCPU依存ゲームなのでグラフィックに力を入れてやる必要がありません。
が、PCを買う人にとってサドンアタックのみで使用する人は少ないと思います。
別のゲームをやってみたいとか動画を取ってエンコードするとか色々用途はあると思います。
なので安くてもそこそこ性能のあるグラフィックボードを入れようと思ったのですがGTS250とGTS450はそこまで性能差に違いはありません。 なので用途によって変更できるよう両方記載しました。
値段の違いもほとんどありません。

最後に小型化です。
今回使用するマザーボードはMicroATXという規格になります。
そのためケースもMicroATXのみ対応のものを選びました。
ATXよりも小さいため本体の寸法、重量も小さく軽くなり置き場所を選びません。

以上、今回のこの構成で作るなら\68,000~です。
なぜ(~)を付けたかというとPCパーツは毎日値段が変動するので購入する際に誤差がうまれます。
あとその他オプションなどを入れると値段が変わってきます。
たとえば動画を取る際自分の声も入れたいならサウンドカードが必要ですし、OSの起動速度、アプリケーションの動作、起動速度をあげたい方などはSSDの導入をお勧めします。
以上の点を含め購入する際の見積もりで決定した金額を伝えさせていただきます。


スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PC.LyNanoha

Author:PC.LyNanoha
サドンアタックをやっているLyrical:NanohaのPC作成依頼用ブログです。
このページでの見積もりはSkypeで会話し決定した内容を載せています。
ですので、PC購入希望の方、質問などがある方はSkype「mizoino」まで問い合わせお願いします。



ログイン状態

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。